ともの徒然日記?w


病気のことや、メイポのことを適当にやっています
by s15tomo1975
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

入院-1回目-

結局、1週間入院して経口剤を飲みつつ検査入院しました
起床時・毎食前後・夜中に血を抜かれたり、蓄尿(C-ペプチド)もしました
血糖の測定を・・夜中にいきなり起こされての測定は辛かったですね
初入院したときは血糖も少し安定してましたし
HbA1cもIDDMでは普通?でした
その時のA1cとBSを・・・

HbA1c7.9 BS175(起床時) BS364~459(朝食後)

朝ごはんを食べてからは、BSは下がることなく
右肩上がりになってました
でも自己分泌は残ってましたね、朝にはBSが170前後になってましたから
検査結果で”IDDM”です!と言われよく解らないまま
インスリン導入をするために、もう一週間の入院を言われました
でも、自分は仕事があるし、病院が嫌だったしとりあえず退院して
再入院をすることに・・・

しかし、病院ってなんでドンヨリした気分になるんですかね
雰囲気?まぁ自分に考える時間が出来る事により余計に落ち込んだりしましたけど・・

用語
HbA1c:血糖コントロールの善し悪しを表す指標。赤血球中のヘモグロビンのうち、ブドウ糖と結合しているヘモグロビンの占める割合を百分率で表します。検査の時点から過去1~2ヶ月間の血糖状態を反映します。基準値は4.3~5.8%です。グリコヘモグロビンともいうようです。
C-ペプチド:インスリンができる前段階の物質(前駆体)の一部で、インスリンの分泌量と同じ量が、血液中に分泌されています。血液中や尿中のC-ペプチドの量を測定することで、膵臓がどのくらいインスリンを分泌しているのかがわかるようです。
[PR]
by s15tomo1975 | 2006-01-30 17:54 | IDDMについて
カテゴリ
リンク集
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧